飯田善國(いいだ よしくに)プロフィール

略歴

飯田善國

この表は横にスクロールしてご覧いただけます。

1923年 栃木県足利郡に生まれる
1926年 父・永平と死別
1930年 母・つなと離別、本家に預けられる
1943年 慶應義塾大学高等部から応召〝学徒出陣″で中国大陸へ
1948年 東京藝術大学に入学、油絵科で梅原龍三郎に師事
1956年 ローマに留学、彫刻を学ぶ
1957年 ウィーンに渡り、版画研究や裸婦連作を描いた後、本格的に彫刻に転じ、ウィーン・ベルリンを拠点に活躍
1961年 ウィーン市芸術奨励賞受賞
1963年 「ヨーロッパ彫刻家シンポジウム」(Symposion europäischer Bildhauer)ベルリン市主催に招待参加、ベルリンの国会議事堂前広場に石彫作品を創作
1966年 ドイツ アカデミー機関より「アーティスト・イン・レジデンス」のフェローを受ける
1967年 カナダ、アメリカを経て帰国
1983年~1989年 法政大学工学部建築学科教授
2006年 心不全のため、旅行先の長野県松本市で逝去 享年82歳

展覧会

この表は横にスクロールしてご覧いただけます。

1953年 丸善画廊(東京)
1969年 南画廊(東京)
1974年 「クロマトフィロロギア展」ドゥニーズ・ルネ画廊(ニューヨーク)
1978年 「飯田善國展〈物質と形態〉クロマトフィロロギアによる」南画廊(東京)
1980年 「飯田善國-彫刻のための素描1962-」雅陶堂ギャラリー(東京)、ギャラリーなかみち(京都)、アネリー・ジュダ画廊(ロンドン)
1981年 「飯田善國-クロマトフィロロギアによる-」雅陶堂ギャラリー(東京)
1983年 「飯田善國 谷・間-CANYON」雅陶堂ギャラリー(東京)
1986年 シュトルヴェルピーター美術館(フランクフルト・アム・マイン)
「飯田善國 Roma-Wien-Berlin 1957-1967」雅陶堂ギャラリー(東京)
1988年 「つながれた形の間に-飯田善國展」三重県立美術館、目黒区美術館、京都国立近代美術館
「飯田善國 壁からの…」雅陶堂ギャラリー(東京)、アネリー・ジュダ画廊(ロンドン)
1992年 「MM.曲面シンドローム展」ノマルエディション・エキジビットスペース(大阪)、ギャラリーAPA(名古屋)、ギャラリーサンセリテ(豊橋)、代官山ヒルサイドフォーラム(東京)
「飯田善國 彫刻」横田ギャラリー(東京)
「飯田善國展-画家としてのプロフィール展」月の砂漠記念館(千葉)
1993年 「飯田善國展-画家としてのプロフィール展」目黒区美術館(東京)
1994年 「うしなわれない言葉」ギャラリーAPA(名古屋)、ギャラリーサンセリテ(豊橋)
「光の糸が見える-飯田善國展」慶応義塾大学(東京)
1997年 「連続する出会い 飯田善國」神奈川県立近代美術館(鎌倉)
1998年 「SHADOW OF THE SKY VOICE OF THE EARTH」ギャラリーAPA(名古屋)
2000年 「アイルランド展」ギャラリーAPA(名古屋)
2005年 「記憶の中の私。私の中の記憶展」IIDA-KAN(長野)
2006年 「飯田善國-版画と彫刻」町田市立国際版画美術館(東京)
2007年 「飯田善國-版画と彫刻」足利市立美術館(栃木)

受賞

この表は横にスクロールしてご覧いただけます。

1961年 ウィーン市美術奨励賞
1967年 ベルリン市主催「モニュメント彫刻コンペティション」一等賞
1968年 「第8回現代日本美術展」神奈川県立近代美術館賞
「第1回神戸須磨離宮公園現代彫刻展」最高賞

著作

  • 『見えない彫刻』(小沢書店 1977年)
  • 『震える空間』(小沢書店 1981年)
  • 『ラッセル広場の空』(小沢書店 1982年)
  • 『世紀末と美と夢2 華麗なる頽廃』(共著)(集英社 1986年)
  • 『彫刻家、創造への出発』(岩波書店 1991年)
  • 『彫刻の思想』(小沢書店 1995年)
  • 『妖精の距離 カントリーボーイ年代記』(小沢書店 1997年)
  • 『ピカソ』(岩波書店 2000年[1983年の再刊])

その他

  • 日本経済新聞『私の履歴書』掲載(1997年7月1日~7月31日)